ラ・プリンセサ農園[ホンジュラス] シティロースト

価格: ¥860 (税込) ¥1,620 (税込)
[ポイント還元 17ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
[必須]ご希望の購入量をお選びください。:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫:
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<サンティアゴ・プリングラのもう1つのグループ>

2019年3月の中米出張でホンジュラスに初めて訪れました。
その中でホンジュラスのいろいろな産地に足を運んだのですが、最も印象的な場所だったのが、
サンティアゴ・プリングラという地域です。

サンティアゴ・プリングラは傾斜のきつい山奥。

既に紹介しているパトリアルカ農園と同じ地域で、チャギテスとバニャデロスという村があり、
その住民がそれぞれに小さな農園を持ってスペシャルティコーヒー作りに取り組んでいます。
パトリアルカ農園はチャギテスで、このラ・プリンセサ農園はバニャデロスにあります。

サンティアゴ・プリングラの2つの村のリーダー。

右の方がバニャデロスのリーダーの方ですが、今回買い付けたラ・プリンセサ農園のオーナーは
別の方です。
左の方はチャギテスのリーダーで、パトリアルカ農園の農園主でもあります。

この訪問ではチャギテスを歩いたので、バニャデロスは訪問できなかったのですが、この山奥で
同じようにスペシャルティコーヒーをひたむきに作ることで、生活水準を上げようと努力しています。
道が険しい上に細く、長い距離を歩くので馬に乗って移動しました。

サンティアゴ・プリングラは馬に乗って回りました。

このラ・プリンセサ農園も標高1700mにあるとのことで、コーヒー生産は簡単ではないと思います。
応援購入の意味を込めて、バニャデロスの農園からも現地でカッピングした中から最も惹かれた
コーヒーを買付けることにしました。

<梅やスモモのような甘酸っぱさが特徴>

現地買付ロット恒例の、現地でカッピングした際のコメントを振り返ってみます。

まず、コクの部分では「カラメル」というコメントと、「明るい」というコメントを複数回書いています。
冷めてきてから「スパイシー」というコメントもあって、恐らくここに惹かれて買い付けたと思います。

実際に入荷した豆を焙煎してみると、やはり共通した所が見られます。

淹れたての熱い時間帯は、一瞬甘みのある落ち着いた印象のコーヒーを感じられます。
ここの甘みはまさにカラメルタイプです。

ただ、コーヒーが冷めていくにつれて、「明るい」と書いていた酸が目覚めてきます。
これが今感じてみると、梅やスモモを思わせるタイプの酸です。

この酸は冷めてれば冷めるほど前面に出てくるので、カッピングの最後の方に「スパイシー」と
感じられたのは、この酸の力強さのことだったと思われます。

しかし、テスト焙煎をすると、この酸はちょっと深めに焙煎するだけで弱まることが分かりました。
結果的に、当店では深めのハイローストで焙煎しています。

前半のカラメルのような甘さと、後半押し寄せてくる甘酸っぱさの変化をお楽しみください。

【豆についての情報】

生産国:ホンジュラス
地域:ラ・パス
品種:カツアイ
精製:ウォッシュド

前半はカラメルのような甘さ。後半には梅のような酸が出てきます。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日


12月31日~1月4日は正月休みを頂きます。

<中米出張のお知らせ>
1月29日~2月13日は中米出張のため、休業となります。
ご迷惑お掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップへ