モンテ・コペイ ラ・メサ農園[コスタリカ] ハイロースト

価格: ¥860 (税込) ¥1,620 (税込)
[ポイント還元 17ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
[必須]ご希望の購入量をお選びください。:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫: ×
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<COEで1位を獲得した農園を見て来た!>

2017年の出張で買い付けたコーヒーのコスタリカ第3弾がこちらのコーヒーです。
「モンテ・コペイ」は摘み取ってきたチェリーをコーヒー豆にする工程(精製)をするマイクロミルの名前。
非常に小さな精製所でしたが、こちらでも複数の農園を持っていて、その中の「ラ・メサ」という
農園のものです。

ここは細い山道を登って行った先にあるマイクロミルなので、普段は収穫したチェリーを運ぶ車の
荷台に乗って行きました。

モンテ・コペイにはこちらのチェリーを積む車で行きました。

あちらでは、この車のことを「カホン車」と呼ぶのだとか。
楽器だけでなく、こんなところでも店名と同じ単語に出会いました。

ちなみに、このラ・メサ農園は2014年のコスタリカCOEで1位を獲得した農園で、ぜひ見ておきたい
場所でした。
先に所有する別の農園を見て、その後到着したラ・メサ農園がこちらです!

ラ・メサ農園はすごい急こう配。

これ、実は谷底に向かってすごい急斜面の中、コーヒーの樹が植えられています。
コーヒー農園で撮った写真あるあるなのですが、傾斜のきつさが伝わらないのが悲しいところです。

スキー場で言ったら、確実に上級者コースの傾斜で、少し降りてみましたがまっすぐ立てません。
横向きに降りる感じでした。

ちなみに、「ラ・メサ」というのはスペイン語で「机」という意味ですが、農園主のお母さんが近所の方と
お話をしていて、「こんな急斜面でどうやって収穫するの?」と聞かれたのに対して「こんなの
机みたいなものよ。」と答えたのが農園名の由来だそうです。
この標高と傾斜が、コーヒーにとって非常に大切な栽培環境になっているのでしょう。

最後にマイクロミルまで行きましたが、素晴らしい景色でした。ご家族と一緒に。

モンテ・コペイのご家族と。

自分たちの持つ農園のポテンシャルを信じてマイクロミル建設に踏み切ったそうです。
ここにも情熱を持ってコーヒー作りに取り組んでいる生産者さんがいらっしゃいました。

<際立つキレの良さ、後味には甘みも>

このロットは、コスタリカでは珍しい尽くしのコーヒーで、まず品種が「ティピカ」というのが珍しいですし、
さらに精製方法が「ウォッシュト」というのも珍しいのです。

特にウォッシュトという精製方法はコスタリカでは認められた所でないとできないので、COE1位を
獲得した農園のウォッシュトはぜひ一度販売してみたいと思ったのが買い付けの理由です。

際立つのは全体を通して感じるキレの良さです。
確かに明るい酸はあるのですが、棘を感じるものではないですし、全体に非常に滑らかです。
そして、口に含んだ後半から飲み終わった後にかけて、強い甘みを感じます。

現地でカッピングした時のメモを見返すと、何回も「赤リンゴ」と書いていますし、「さとうきび」とも
書いています。
カッピング段階でも、とても甘みを感じていたことを物語っていますが、この甘みの出方はウォッシュト
というよりも、もはやハニープロセスさえ連想できます。

焙煎はシティローストに限りなく近いハイローストにすることで、この酸と甘みのバランスを実現
しています。
非常にポテンシャルの高いコーヒーです。ぜひ、お試しください。

【豆についての情報】

生産国:コスタリカ
地域:タラス
品種:ティピカ
精製:ウォッシュト

キレの良さが全体に際立ち、後味はとても甘いです。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日


年内の最終出荷日は30日です。
実店舗は31日まで営業しますが、最大17時までの短縮営業です。



1月1~4日がお正月休みで、5日から営業となります。

よろしくお願い致します。

ページトップへ