サンタ・フェリーサ農園 ティピカ(オレンジハニー)[グアテマラ] シティロースト

価格: ¥920 (税込) ¥1,735 (税込)
[ポイント還元 18ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
[必須]ご希望の購入量をお選びください。:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫:
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<3年ぶりに同じ農園に訪問してみた>

グアテマラのサンタ・フェリーサ農園。2016年に初めて中米出張した際に訪問した農園です。
今回、2019年の出張で3年ぶりに2度目の訪問をしました。

この農園はこの3年の間にCOE(カップ・オブ・エクセレンス)を2位→1位と上位入賞を果たしました。
一度訪問したことのある農園に、改めて訪問するとどんな変化があるのかというテーマを持って
訪れたのですが、思っていた以上の変化があって驚きました。

パティオだった所にアフリカンベッドが置かれていました。

ここは初めて訪問した時はこんな感じでパティオでした。

サンタ・フェリーサには広いパティオが。

高床式の乾燥棚をアフリカンベッドと呼びますが、パティオよりもゆっくり乾燥が進み、品質向上に
良いとされています。
COE優勝の売上で、さらに品質向上のための投資をしているのがよく分かりました。

他にも以前にはなかった乾燥機も導入されていて、パティオの様子は全く変わっていました。
新たに乾燥機も導入されていたサンタ・フェリーサ農園

こうした変化を感じつつも、今回は農園の深い場所まで案内してもらって、この農園が自らのことを
「コーヒーフォレスト(コーヒーの森)」と称するほどに自然環境を重視しながら高品質のコーヒーを
作るという取り組みをしていることを知ることができました。
ここまでいろいろな方向に意識をしている生産者も珍しいと思います。

<ティピカの甘みと後味にチーズ?>

今シーズンのサンタ・フェリーサ農園は、ティピカになりました。
そもそもこの農園を使い始めた最初の品種がティピカで、とても甘かったことを覚えています。

それ以来のティピカだったのですが、ハニーとナチュラルで悩んだ結果、甘いコーヒーを選びたかったので
ハニーになりました。

焙煎してみるとやはりティピカらしい香ばしさと甘みがよく出ています。
ハニープロセスの甘みも良い感じにプラスされて、ハチミツを思わせる甘みが増しています。

冷めてくると、後味に少し変わった印象が残ることに気づきます。
例えるのが難しいのですが、考えていたらチーズを食べた後のような感覚に近いと思いました。

コーヒー豆のスペックを改めて見てみると、オレンジハニーとは、12時間嫌気発酵させてから天日乾燥
している精製方法と書かれています。
農園に確認はしていませんが、これが本当であれば、薄っすらアナエロビコということになります。

最近人気のアナエロビコは、大体3日(72時間)嫌気発酵用のタンクに漬け込んでおくことが多いです。
恐らく、その漬け込みを12時間で止めて乾燥工程に移しているということなのでしょう。

これは想像ですが、この農園は漬け込む時間ごとに試したと思います。
3時間ずつなのか、6時間ずつなのか。
その内の12時間漬け込んだものも、普通にハニープロセスにするのと少し違う風味が出せると
気付いたのだと思います。

こういうことに手間を惜しまず追求を続ける熱意が、この農園の品質向上を支えています。

焙煎度合は、シティローストです。
浅すぎず、深すぎずのところで止めることで、全体のバランス良く、でもティピカハニーの甘さを
楽しみつつオレンジハニーとしての一工夫も感じられるような焙煎にしています。


相変わらず、さすがと言わざるを得ない品質のコーヒーです。

【豆についての情報】

生産国:グアテマラ
地域:アカテナンゴ
品種:ティピカ
精製:オレンジハニー

ティピカ&ハニープロセスの香ばしさと甘み。後味にチーズのような感覚。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日

臨時休業は下記の通りです。
9月13日、27日
10月11日、25日

ページトップへ