ディープドリッパー

価格: ¥720 (税込) ¥2,600 (税込)
[ポイント還元 14ポイント~]
数量:
【必須】商品を選んでください。価格在庫購入
ディープドリッパー本体¥2,600(税込)
専用ペーパーフィルター(100枚)¥720(税込)

返品についての詳細はこちら

twitter

<同じゴールを持つブランドの器具>

2019年のSCAJ(スペシャルティコーヒーの展示会)で、とても嬉しい出会いがありました。
コーヒー器具のブランド「CAFEC(カフェック)」さんと初めてしっかり意見交換できたのです。
こちらの会社は以前から知っていましたが、今回お話させて頂いて、CAFECが目標としている
ことを知り、とても感銘を受けました。

「ご家庭で、できるだけ簡単に、美味しいコーヒーを淹れられる器具を提供する」

コーヒーは自分で淹れると、安定して美味しく淹れられるようになるまでに多少、練習が必要です。
でもCAFECでは、器具の方であらかじめ調整しておくことで、より簡単に美味しく淹れられる
器具を開発しています。

つまり、より多くの方が手軽に美味しくコーヒーを楽しめるようになることを目指しているのです。
当店では、この「より手軽に美味しいコーヒーを楽しむ」ということを、コーヒー豆で狙っています。


生豆の選定から焙煎前後に行うハンドピック、それぞれのコーヒー豆に合った焙煎プロファイルで
焙煎し、飲みやすいバランスの上にその豆の個性が表現されているコーヒー豆になるように
味を作っています。
こうして作ったコーヒー豆は、不快に感じる雑味や渋み、刺激のある酸味などが極力抑えられる
ので、抽出の時に多少ミスがあっても美味しく飲めるのです。

全ては、「ご家庭で淹れる時に、もっと楽になるように」

CAFECさんは器具で、当店はコーヒー豆でそれを目指していることが分かったのです。
この同じゴールを目指しているブランドの器具を取り扱わなければと、その時に決めました。

<ペーパードリップの抽出効率を重視>

そのCAFECさんが、ペーパードリップの抽出効率を重視して作ったのがディープドリッパーです。

ペーパードリップは、コーヒーの層を高くすればするほど抽出効率が上がります。
それだけ考えるとできるだけ細い筒状のものに挽いたコーヒーを詰めると良いという話になりますが、
コーヒーを抽出する点からすると現実的ではありません。

そこで、コーヒーの層をできるだけ高くして、コーヒーの抽出としても問題のない器具を開発したのです。

行き着いた先は、まずドリッパーの角度を鋭角にすることです。
一般的な円錐型のドリッパーは60度の角度ですが、ディープドリッパーは45度になっています。
そのため、ペーパーも45度で作られています。

ディープドリッパーは、45度の角度で作られています。

こうすればコーヒーの層を60度よりも高くできますが、それだけでは高さが足りなかったそうです。
そこで、ドリッパー自体を大きくして、使えるコーヒー豆の量を多くしています。
ドリッパーのサイズは3杯~7杯用という1種類だけですので、複数人分一気に淹れる場合に
向いています。

内部を見ると、ドリッパー上部はポツポツのでっぱりが見られます。

ディープドリッパーの内側の構造。深いです。

ドリッパーでよく見られる「リブ」とはちょっと形状が違いますが、ちょうど良いドリップ速度になるように
調整したら、この形になったそうです。

使ってみると、途中からドリッパーの中がお湯でいっぱいになって、漬け込んだような状態になりますが、
淹れ終わったコーヒーはエグ味もなく美味しくできます。

コーヒーの層を高くすること、内部のリブ構造をちょうどよい速度になるように調整をしておくことで、
淹れ慣れていない方でも美味しくできるように作ったのが、このディープドリッパーです。

1人分だけ淹れるのはちょっと向かないドリッパーですが、自分の分とご家族の分を一緒に淹れる方、
仕事の前に一気に淹れて保温ポットに入れておきたい方などにはオススメですよ。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日


ページトップへ