ラ・カンデリージャ農園[コスタリカ] シティロースト

価格: ¥810 (税込) ¥1,520 (税込)
[ポイント還元 16ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
[必須]ご希望の購入量をお選びください。:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫:
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<ようやく訪問できた当店の基本の農園>

当店の開業からラインナップのレギュラーを守っているコーヒーはいよいよ少なくなってきたのですが、
不動の位置を守り続けているコーヒーが、このラ・カンデリージャ農園です。

2020年の中米出張で、本当にようやく訪問することができました。

ラ・カンデリージャ農園のオフィスの看板。

この看板は写真で見掛けたことがあって実物を見るのが夢でしたが、やっと見ることができました。
こちらは、カンデリージャのパティオの写真です。

ラ・カンデリージャ農園のパティオ。思ったよりコンパクト。

この景色も写真で見たことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
生産量が結構ある農園のイメージだったので、それに比べるとコンパクトなパティオだと感じました。

実際に訪問してイメージしていたものと違った部分もあり、でも生産者の熱意はここもすごいなあ
感じたり、非常に実りのある訪問でした。
訪問した際の様子は訪問記にしてありますので、よろしければご覧ください。

【中米出張2020 vol.6】大念願のラ・カンデリージャ農園に行ってきた!!

<時と場所を選ばないオールラウンダー>

コスタリカは今でこそたくさんの品種と精製方法の組み合わせで多様性に富んだ生産国という
イメージがありますが、元々は「カツーラのセミウォッシュドばかり」という個性分けをするのが
難しい産地でした。
このコーヒーは、そんな古き良き(?)コスタリカの風味を今にも残していると思います。

まずはしっかりとしたコクがあるという部分ですね。
これはカツーラの特徴が出ていると思うのですが、一方で明るい酸も感じることができます。

これはこの農園がタラスというかなり標高が高い地域にあり、そのポテンシャルを感じさせる部分です。
この深いコクと実は強い酸を持っているという特徴を同時に持っているのが素晴らしいところです。

この特徴をバランス良く表現するために、焙煎度合は深めのシティローストにしています。
ただ深く焙煎するだけでは、単に苦味が出てくるだけになってしまうので、そこはあまり深く
なり過ぎないような焙煎度合にして、コクを引き出しつつ酸もアクセントに使っています。

コクと酸がバランス良く現れるので、朝から晩までいろいろなシーンで使えるコーヒーです。

【豆についての情報】

生産国:コスタリカ
地域:タラス
品種:カツーラ
精製:ウォッシュド

とてもバランスの取れた、香りの良いコーヒーです。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日



11月1日より、店舗改装のため実店舗は休業致します。
ネットショップは第2週目辺りから再開予定ですが、焙煎日を水曜、土曜とさせて頂きます。
ご注文から発送までお時間頂くことがございます。
ご迷惑お掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

ページトップへ