ロス・ナランホス農園[コロンビア] シティロースト 200g

価格: ¥1,565 (税込)
[ポイント還元 15ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

<当店初登場のコロンビア・ナリーニョ>

コロンビアはスペシャルティのみならず、コーヒーそのものでメジャーな産地ですが、他の産地に
比べてちょっと特殊なところがあります。

コーヒーは普通、お米と同じで年に一度収穫される農作物なので、新豆(お米で言うところの新米)
は年に一度出てきて、それを1年かけて使います。
なので、各国とある時期にワッと一気に日本に届いて、次はまた1年後という事になる訳です。

ですが、コロンビアだけは違います。
地域によって雨季のタイミングが違うので、収穫する時期がズレてきます。
そのせいで、コロンビアだけは1年を通して少しずつ日本に入ってきているのです。


いきなり脇道でしたが、この「ロス・ナランホス農園」は南部のナリーニョという地域のコーヒーです。
コロンビア南部は、カウカ、ウイラ、ナリーニョとコロンビアの中でも特にコーヒー生産に適している
地域が並んでいるのですが、ナリーニョはその中でもさらに特別と言われています。

店主はグアテマラのウエウエテナンゴ、パナマのボケテ、ケニアのニエリなどに並んで、世界的に
見てもコーヒー栽培の好条件が揃っている地域だと思っています。

当店ではこれまでカウカ、ウイラやコロンビア北部のコーヒーを取り扱ったことがあるのですが、
ナリーニョは初めて。販売してみたかったので、感慨深いですね。

<コロンビアらしいマイルドさが全開!>

数年前、当店がまだ始めたばかりの頃のコロンビアは、「かつてのマイルドさは完全になくなって
しまって、コロンビアの良さは失われてしまった」と言われていました。
原因は、コーヒーの病気である「さび病」対策で開発された、いわゆる「ハイブリッド種」に次々に
植え替えられてしまったからです。

ハイブリッド種はアラビカ種とカネフォラ種ロブスタと掛け合わせた品種なのですが、さび病に耐性が
できる代わりに、ロブスタ特有の風味の重たさや雑味が出てしまうところがあります。

ただ、この2年くらいで急速に改善されてきているように感じています。
どうやら例えハイブリッド種だとしても、適した場所、適した方法で栽培すれば、優れた風味が
出せることが分かってきたようです。

この「ロス・ナランホス農園」もカスティージョというハイブリッド種が混ざっているのですが、かつて
感じたハイブリッド種特有の重たさや雑味を感じることはありません。

それどころか、穏やかでバランスよく、まさに「マイルド」と表現するのがピッタリの
風味になっています。

ハッキリ言って、ナチュラル精製のコーヒーやイルガチェフェなどのような個性的な香りや風味はありません。
ですが、最近の当店の傾向を見ると、こういったバランスよく飲みやすいコーヒーもとても人気です。

店主自身も、このコーヒーの余韻に残る雰囲気を「とにかく感じの良いコーヒー」と表現しています。
この感じの良さはウイラやカウカのコーヒーと似て非なる部分だなあと気づかされました。

このマイルドさは、かつてのコロンビアコーヒーが持っていて、万人に愛された風味なのかなと想像できます。

【豆についての情報】

生産国:コロンビア
地域:ナリーニョ
品種:カツーラ、カスティージョ、他
精製:ウォッシュト

コロンビアのトレンドを表現するフローラルな香り。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日

ページトップへ