エル・インヘルト農園 レセルバ・デ・ラ・フィンカ [グアテマラ] シティロースト

価格: ¥1,420 (税込) ¥4,800 (税込)
[ポイント還元 14ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
[必須]ご希望の購入量をお選びください。:

価格と在庫を一覧で確認する

在庫:
価格:
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

<当店にもいよいよオークション自力落札豆が登場>

カフェカホンは、この12月で早いもので6周年を迎えることとなりました。
ご利用頂いている全ての方に、感謝申し上げます。ありがとうございます。

毎年12月は、数量限定で特別豆を販売しているのですが、今年は新チャレンジとしまして、
自力で落札したオークション豆を販売します!

2016年4月、店主はグアテマラに農園巡りに出張していました。
この農園があるウエウエテナンゴという地域にも行き、別の農園を訪問したのですが、そこまでも
最寄の町(町の名前もウエウエテナンゴ)から車で2時間半~3時間はかかる場所でした。

そこでも十分時間がかかると思いましたが、エル・インヘルト農園があるのは更に奥地。
さすがに農園には訪問できなかったのですが、首都のグアテマラシティにある、農園が経営する
カフェには訪問しましたので、その時の様子を少し紹介します。

インヘルトカフェの外観はこんな感じ。

最近では農園が経営するカフェがあるという話はほんの少し聞かれるようにはなりましたが、
数えれるほど。
店主にとってグアテマラでの初めての単独行動が、このインヘルトカフェに行くことでした。

インヘルトカフェの中はオシャレな雰囲気。

店内はこんな感じ。お店はそんなに大きくはないですが、カフェらしく、居心地の良い空間でした。
どこでどう頼んだらよいのかさっぱりでしたが、拙いスペイン語で店員さんに何とかラテを注文。
インヘルトカフェのラテアートは何と、クマでした。

インヘルトカフェのラテは、クマのラテアート。

「良いコーヒーはみんな輸出してしまうから、生産国には美味しくないコーヒーしか残らない」
というのが通説ですが、やはりこのカフェで出されるコーヒーは美味しいコーヒーでした。
浅すぎず、深過ぎずの焙煎度合で、飲みやすくやさしい味のするラテでした。

それでもこのカフェはグアテマラを代表するエル・インヘルト農園が経営するカフェ。
いつの日かここのコーヒーを販売している状態で、また訪問したいなあとしみじみ思いながら、
この1杯のラテを頂きました。
それから1年半余り。いよいよ当店でも、この農園のプライベートオークションロットを販売する
こととなりました。

<このフレーバーとインパクトこそ、真骨頂>

今回は、初めに焙煎度合から説明しておきます。焙煎度合は、ごく中間のシティローストです。
これだけの値段のする豆なのに、深く焙煎し過ぎではないか?と思われるかもしれません。
しかし、ここまで焙煎しなければ、この農園のパカマラが持つ独特なフレーバーは出てこないのです。

まずとにかく、香りが素晴らしいコーヒーです。
香りはコーヒーを挽いた時から、いや、挽く前から既に漂ってきます。
この時点でピーチも連想できますが、熟れたバナナのような、南国のフルーツも連想させます。

挽いたらこの香りは瞬間的に一層強くなります。
もう、淹れている時間が惜しいくらい、早く飲みたくなります。
ドリップで抽出をされる方は、一回目お湯を注いで蒸らしている間にも、ぜひ香りを嗅いでください。
お湯を含んだ時の香りは一層南国のフルーツのイメージが増してきます。

抽出が終わったら、カップに注いでいよいよ飲みます!が、ここでも飲む前に一度、香りを 嗅ぎましょう。
ここでも他のコーヒーでは味わえない、一握りのパカマラだけが持つトロピカルフルーツの香りが
楽しめます。

さて、香りを存分に楽しんだところで、いよいよ頂きましょう。
これまで十分に嗅いだはずの香りが、一気に広がって鼻にまで駆け抜けます。

飲んだ時は、ピーチ、トロピカルフルーツ、マンゴーなどのフルーツ系のイメージが複雑に溢れ出ています。
少しだけ顔を覗かせるところでは、キウイ、オレンジ、メロンといった辺りも連想できます。


このフレーバーのインパクトは相当なものですが、オーバーではありません。
舌触りは飽くまでクリーンでキレイです。
飲み込んだ後に口に残るのは、このフレーバーが通った後の香りと余韻が長くとどまるだけで、
渋味、雑味などの味を損ねる味は皆無です。
このクリーンさが毎年のようにCOEの上位入賞を果たし、世界で支持される理由です。

同じくらい高価なコーヒーで、「ゲイシャ」という品種があります。
これもゲイシャだけが持つ紅茶やジャスミンのような香りと、レモンなどの上質な酸が人気の秘密です。

一方でパカマラという品種は本来、決して希少な品種ではありません。
一般的なパカマラは丸い印象のマイルドなコーヒーで、まったりとした飲みやすいコーヒーという
イメージです。

しかし、ほんの一握り。
別のコーヒーかと思わせるほどの個性を持ったパカマラがあるのです。

その個性はゲイシャにも出せない、各種南国フルーツが熟したフレーバーを持っています。
そのパカマラをメインに据えて毎年開催しているのが、エル・インヘルト農園のプライベート
オークションです。

当店も6年が経って、ようやくこのコーヒーを販売することができるようになりました。
この特別豆を販売する時には毎年、「これまでの全ての知識と経験を動員してお届けします」
と言ってきました。
今年も、この1年で得た新しい知識と経験を上乗せした渾身の焙煎で、皆様にトップ・オブ・トップの
コーヒーをお届けします。

このコーヒーに限り、50g単位での販売をしていますので、ご注文の際には
豆の状態とご希望の量を選択ください。

そこまで言うなら、少し試してみたいという方も大歓迎ですよ。
ぜひ多くの方に、このコーヒーの風味を楽しんで頂きたいです。

【豆についての情報】

生産国:グアテマラ
地域:ウエウエテナンゴ
品種:パカマラ
精製:ウォッシュト

挽く前から漂う香りはピーチやマンゴーなどを感じさせます。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日

ページトップへ