レテフォホ[東ティモール] シティロースト 200g

価格: ¥1,515 (税込)
[ポイント還元 15ポイント~]
[必須]豆は挽きますか?:
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter

<これまでもチェックはしていたけれど?>

当店でアジア産のコーヒー豆はインドネシアのマンデリンだけだったのですが、遂に新たな産地の登場です。
東ティモールはインドネシアからの独立関連で内戦をしていましたが、落ち着いた2003年頃から、
日本のNPO法人の協力を得ながらコーヒー豆の栽培が始まりました。

当店でもこの3~4年は毎年カッピングする機会があり、毎年東ティモールのコーヒーをチェック
していました。
アジアのコーヒーは、全体的にいわゆる「土っぽさ」を感じるものが多く、この東ティモールのコーヒーも
2年前までは、他のアジアの産地と変わらない感じの風味でした。

それが、昨シーズンのコーヒーをカッピングした時に「ん?今までに比べると結構良くなってるなあ。」と
思っていたのですが、昨年に今シーズンのコーヒーをカッピングして、ますます良くなっていました。


10年くらいかけてここまで品質が良くなったのだし、アジアの豆を増やせるということもあって、
今年、当店のラインナップに加えました。

<アジアの土っぽさはどこへ?>

カッピング段階でかなり良くなっていたのですが、実際に焙煎してみて更に良かったので驚きました。

コーヒー豆も農作物なので、いくらカッピングをしたりサンプルを焙煎してチェックしても、実際に
入荷してみたら思っていたのと違うなあということは、たまにあるのですが、逆に良かったという
パターンもあるので、これは嬉しい方のパターンでした。

最も驚くべき点は、とてもクリーンだいうことです。
先ほども書きましたが、アジアのコーヒーは得てして土っぽさがあり、それに伴って雑味を感じるもの
ですが、このコーヒーは全く反対。中米のコーヒーを思わせるようなクリーンな風味です。

そして、カッピング段階で気づかなかったのは、香りの良さです。

コーヒーを口に含むと、紅茶や緑茶を連想させるような香りがふわ~っと漂って、飲み終わった後の
余韻に長く残ってとても心地よいです。

焙煎も比較的浅めですし、酸味寄りのコーヒーと言えると思いますが、強い酸味というよりはスッキリした
コーヒーだな、という印象を受けます。
キレのある風味ですので、後味はスッと消えて、香りだけが鼻の奥に残るというイメージです。
アジアのコーヒーでも、こういう風味を持ったものが出てくるようになったのかという、アジア産コーヒーの
可能性を感じさせるコーヒーです。

【豆についての情報】

生産国:東ティモール
地域:レテフォホ村
品種:ティピカ
精製:ウォッシュト

アジア豆とは思えないクリーンさとお茶を連想させる香り。

午前10時までのご注文で、即日出荷

ネット会員募集

楽天ID決済

メールマガジン登録はこちら。
メールマガジンでは、新豆情報やセール情報など、お得なお知らせを配信しています。

月1~2回程度配信。
店主書き下ろしのコラムが入ることもあります。
ネットショップ会員の登録は不要で、メルマガ購読だけの登録ができますので、お気軽にご登録ください。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 出荷休止

営業時間 11:00~19:30

定休日 毎週火曜日


8月12~16日はお盆休みを頂きます。ご迷惑お掛け致しますが、よろしくお願い致します。

ページトップへ